• 投資家情報
  • 社長メッセージIRトピックス一覧
  • 株主優待制度
  • 配当について
  • IRライブラリ
  • IRカレンダー
  • 財務情報
  • 株式について
  • 特価情報
  • よくあるご質問
  • 免責事項
  • IRお問い合わせ
  • IRメール配信サービス
  • レストランサーチ
  • 主要ブランド
  • 動画でわかる!クリエイトレストランツグループ

社長メッセージ

2020年2月期第1四半期は、売上・利益とも過去最高を更新

2019年2月期第1四半期の業績は、売上収益320億円(前年比6.0%増)、営業利益28億円(前年比61.7%増)、調整後EBITDA65億円(前年比100.4%増)となりました。

好天に恵まれ、ゴールデンウィークも好調に推移したことに加え、昨年実施したM&A(遊鶴社、木屋フーズ社、ジョー・スマイル社)の寄与等により増収増益となり、第1四半期としては売上・利益とも過去最高を更新いたしました。


新たなM&Aを発表

2019年6月26日付で、当社は「西洋フード・コンパスグループの一部レストラン運営事業(スポーツ事業及びレジャー事業)の取得に関するお知らせ」を発表いたしました。

今回のM&Aにより、スポーツ事業(ゴルフ場内でのレストラン運営等)やレジャー事業(保養所や研修所、テーマパーク・商業施設内のレストラン運営等)の一部を譲り受けることで、クライアントが投資を負担する受託型ビジネスである「コントラクトサービス事業」に本格的に進出いたします。特に、ゴルフ場内でのレストラン運営は、業界No.1のシェアを誇っており、その信頼と実績のもと、ゴルフ場内でのレストラン運営のアウトソーシング化の流れからも、今後の受託増加を期待しております。


2020年2月期の業績予想を上方修正

2020年2月期の業績予想につきましては、足元の業績が好調に推移していることに加え、前述のM&Aの影響を加味し、通期業績を下記のとおり上方修正いたしました。

  前回発表予想
(4月12日発表)
今回修正予想 増減率
売上収益 1,240億円 1,300億円 4.8%増
営業利益 58億円 67億円 15.5%増
調整後EBITDA 110億円 227億円 106.4%増

コントラクトサービス事業という新たな分野が加わり、当社グループの事業領域の拡大とグループ内シナジーの創出により、「グループ連邦経営」を更に進化させていくことで、引き続き企業価値の向上を図ってまいります。


皆様におかれましては、クリエイト・レストランツ・ホールディングスの今後の飛躍にご期待いただくとともに、一層のご支援を賜わりますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


2019年7月

株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス代表取締役社長 岡本 晴彦

*調整後EBITDAの計算式は、以下のとおりです。
 調整後EBITDA=営業利益+その他営業費用-その他営業収益(協賛金収入除く)+減価償却費
        +非経常的費用項目(株式取得に関するアドバイザリー費用等)

Page Top